変わった雇用形態での取り組み方を御勧め2/3(時給単価と価値価格)

人手不足で人材募集をする為には

ハローワークで正社員のフルタイムや

希望日や時間帯に融通が付きやすい

パートの条件などでも募集を掛ける事は簡単です。

しかし・・労使双方に不完全燃焼が残りがち。

何度か?繰り返しても双方に大きな限界が有り

どうしても越えられない事色々と有ります。

どうしても労働者を守る側としての社会や

ハローワークが間を取り持ち制限するのは仕方なし。

最低賃金が、どうの・・こうのや賃上げ要求する事の

主張は、それぞれの立場からすれば当然な事です。

・・が、市場の原理でのあらゆる立場の中から

売手と買手の双方の立場が頻繁に変わる

独立、自営での立場の者としては

(だから何?・・それがどうした?)・・となります。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

ほっほう・・それで?。

偉そうに・・市場の原理・・って。

後は大丈夫?。まっ・・いいわ。

堂々と発して間違いに気付いたら恥かいて、やり直し!

言うだけでなく行動結果が善ければ強化すればいいのよねぇ〜!

さいざんす。こんな事程度は皆様方はすでに御存じて

むしろ・・今頃なにを、これ見よがしに発するのか?・・と。

知ってても自慢げにいう事でも無し。

すでに分かっていて出来そうでも、ほとんどが出来ないし

勤めている会社も(余計なこと言わず働け!)などと言われがち。

(売り上げをアップしたり利益を出した後から言え!)

・・てな、モノでしょうか?

しかし最初から最低賃金は保証されても

肝心な成果を上げた時の評価基準は曖昧のまま。

良くある事前交渉パターンとしては試用期間と、その後

本採用で継続するなら

(平均賃金は、いくらで設定希望ですか?。)

と尋ねても曖昧な答えや差し障りのない回答がほとんど。

場合によれば・・「御任せします。」・・など。

これには双方に色々な思惑が存在し曖昧さが半端ない。

双方の立場では色々な含み内容が有り得ますが

誤解や変な解釈をされやすい事になるので

ココでは書き表しません。(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうよ!・・なんだかんだ言っても自分の立場が優先!

自分を活かしてこそ・・相手を思い遣る事が出来るしぃ~。

なんか?・・文句あるん?

さいざんす。

市場の原理からすれば関わる相手も同じ事ですね。

しかし賃金アップの時は、それなりの理由を設けたいし

公開して欲しい所です。

逆に・・賃金維持か困難な時もその理由を明確にして

前もって、その内容を御互いに確認しておきたい処。

などが必要かと思われますが・・ほぼタブーの領域。

しかし・・いかなる場合も最低賃金は守るべし!。

・・と、たてまえでは掟が有ります。

雇用形態では・・当然です。

しかし市場の原理では、(なにを寝ぼけた事を・・)

(それは雇用関係の場だけで言え!)・・と、なります。

実際に各自が物を買ったり色々なサービスを受けた時に

期待値に満たない・・費用対効果に伴わない・・

そんな買い物や取引に関して、その販売担当者が

「私が会社から頂いている最低賃金だけは払って下さい!」

と主張しても・・

(だから何?・・それがどうした?・・おととい来やがれ!)

・・と、言われるかも?。

(※実際は御互いに、ここまでは無いですが、近い事は有ります。)

経験者は語る(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

要は賃金は労働に対する支払い基準や社会保障などね

早い話が勤め会社が倒産して支払い能力が無くても

国が社会保障以内で基準に照らして救済してくれる。

しかし届け済みの関係による勤め人以外は・・無理。

やはり独立、自営の人は別の話!

しかし・・最低賃金は無いけれど・・上も制限なしね

そうです。

そこで価値価格として売り買いするのが当たり前の

請負制や歩合給が不公平無しで善いのです。

人それぞれの都合や能力によって独自ペースが

実現しますが・・ハローワークでの求人募集に

このような表現は・・絶対にダメ!

しかし、独立自営の形態に飛び込んでも

不可抗力や同情する余地の有る困窮などには

社会的保障とは別な人道的な救済などを

色々な理由から受けられ得る事が有るかも?

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうそう・・ハローワークとは、そういう所だし

公的機関なので、それで当たり前!。

社会的な救済をいつも当てにしたり依存し過ぎると

かえってロクでも無い事を考えたり虚偽に走るのは

ニュースを見れば昔から今でも、この先も変わらない。

雇用形態で守られを好む代わりに色々な不満は続くか?

それが嫌なら独立、自営の立場に切り替え!。

・・ハイリスク・・ハイリターン!を選ぶ!。

これで、[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め2/3(時給単価と価値価格)] 物語は幕!です。

次のアップはハローワークでの関りとは反対の立場で特化する

働き方にフォーカスした取り組み方で

[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め3/3(時給別売りネタに特化で自由を得る)]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211128172223p:plain

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中