カテゴリー別アーカイブ: ご案内

変わった雇用形態での取り組み方を御勧め3/3(時給別売りネタに特化で自由を得る)

ハローワークでの求人募集に

応募、面接しても逆に試用期間で採用しても

労使双方の立場に大きな違いが有っても

なかなか上手く嚙み合いません。

やや自由になれるかも?と期待しつつ

フリーランスの立場として派遣業務に応募や

雇う側として採用を試みても・・

ほぼ、同じような不都合を受入れざるを得ない事も有ります。

そこには小手先でのフリーランス形態や派遣対応を演じても

本質は雇用形態とは、さほど変わらない状況に依存したままで

労使双方に曖昧さが見え隠れしている現実も多いです。

いわゆる[なんちゃってフリーランス]と言えば

怒られるかも知れませんが現実に有ります!

「個人事業でやってます。屋号も工夫しました。」・・と。

名刺も持って独立、自営のてい、ですが・・

いざ、御試しや本番で関わってみると・・事前打ち合わせ

から本番当日や長丁場の途中や完結付近の場面など

一連の流れでの対応結果は完全な指示待ち受け、依存型も多い。

その程度の関り意識は・・雇用形態と・・どこが違うの?

なんて事が実際には度々ありました。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

それでも・・試した方は礼儀で・・結局は

「有難う、お陰で助かりました。」と言うのでしょ?。

この辺りの曖昧さが良い面も有り~いの・・

綺麗ごとの、ぬるぃ所で悪習慣。

相手は、あれで良かったんだ・・と、勘違いします。

さいざんす。こんな事は皆様方はすでに御存じて

むしろ・・なにを、いまさら・・と。

※余談ですが・・

まず、本心はなかなか言って、くれません。

社交辞令が必ず有るので、その後に

機会をわきまえて、わざわざ尋ねて言わさない限り

本音では答えてくれません。

これは請負者と御客様との関係においても同じです。

建て前と本音は、相違なく本心となる場合と、

そうでない善くも・・悪くも・・色々な場面では

ほとんどが別なことになりがちです。

※さて、そろそろ本題に戻ります。

早い話が・・時給をいくらで決定しましょうか?です。

本年度の一般年収の平均が約¥380万~¥430万との事は

ザックリと平均約¥400万/年収は・・月収33.3万・・

21日の稼働日数として・・168H/月・・

時給は・・平均、約¥1,982/Hです。

しかし現実の価値内容を金額に換算すると

その仕事内容には色々な別の要素によって価値金額は

約2~3倍ほどで大きく上下しています。

いわゆる・・一部、差別表現として誤解されるかもしれませんが、

適性外・初心者・中級・上級・それ以上・・など。

そんな安くは無いはずの高等な価値が含まれる事だったり。

逆に・・タダでもいらない!

むしろ不安なリスクが残り続け増大する・・とか。

雇用形態での関りで給料を貰う側だけの立場の人と

独立・自営での関りで相手に支払う立場を経験すると

ほぼ間違いなく価値観が意思決定の中心になります!

そして価値感を別な評価として算定し売買となります。

しかし労働賃金は・・時給いくら?・・が

表向きには妥協しやすく大きな違いとなります。

この辺りが雇用形態と市場の原理原則としての

本当の独立・自営での関り方としては別れる所かも?。

昨今では安定していそうな会社でも先行きは不明です。

自業自得的な事で閉鎖、倒産や今回のコロナなど社会現象で

不可抗力による原因など様々。

信頼していた事業所や相手は

いつ、どんな事で急変するかは?解らない。

そんな事は巷のニュースで繰り返されています。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

今までが勤め人なら・・関わる仕事そのものを自分で

探したり取り決めをして調達するのが困難!

・・今までに依存ばかりしていた立場なら

独立・自営は不可能かも?。

でも世間一般の市場とは、ものすごく広いエリア。

身近にも沢山有るし、それに気づかなかったり

関わろうとしないだけかも?ね。

さいざんす。

市場は巾広く奥深いモノで視点を変えれば

今までに見えなかった事が鮮明になったり

意外と身近に色々な切っ掛けが転がっている事にも

気付く事が有ります。

本人だけの人脈では、まったく仕事を受注する

切っ掛けが、なくても家族内の者から知人や

親戚、友人などへ人のつながりは広がります。

身近な者や知人、縁故関係など関係性が

近過ぎる相手と仕事を通じて関わるのは

気兼ねし過ぎて、やりにくい場合も有ります。

ならば、まったく無縁の人々を相手に色々な営業を

仕掛けるのも常套手段として常にあります。

どんな方が、お客様になっても、まずは御試し頂き

色々な不安が払しょくされ気に入って頂ければ

後は面白いようにリピーターになって続けられます。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうなのよ・・・

初回は御試しの様子見をされます。

自分が買い手の立場になれば同じ事ね。

そうです。

形ある物を創っても、形には見えない

何かの行動をしたり、気遣いや配慮など、

相手にとって確かな価値有る事を提供するのが

仕事かと?思われます。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうそう・・!。

何時も上手くいくとは限りません。

・・トータル・・平均で+プラスの価値提供・・を継続!。

これで、[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め3/3(時給別売りネタに特化で自由を得る)] 物語は幕!です。

次のアップは[雇用形態の不条理と弱点を標的にする売りネタ創りで独立・自営]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211128172223p:plain

変わった雇用形態での取り組み方を御勧め2/3(時給単価と価値価格)

人手不足で人材募集をする為には

ハローワークで正社員のフルタイムや

希望日や時間帯に融通が付きやすい

パートの条件などでも募集を掛ける事は簡単です。

しかし・・労使双方に不完全燃焼が残りがち。

何度か?繰り返しても双方に大きな限界が有り

どうしても越えられない事色々と有ります。

どうしても労働者を守る側としての社会や

ハローワークが間を取り持ち制限するのは仕方なし。

最低賃金が、どうの・・こうのや賃上げ要求する事の

主張は、それぞれの立場からすれば当然な事です。

・・が、市場の原理でのあらゆる立場の中から

売手と買手の双方の立場が頻繁に変わる

独立、自営での立場の者としては

(だから何?・・それがどうした?)・・となります。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

ほっほう・・それで?。

偉そうに・・市場の原理・・って。

後は大丈夫?。まっ・・いいわ。

堂々と発して間違いに気付いたら恥かいて、やり直し!

言うだけでなく行動結果が善ければ強化すればいいのよねぇ〜!

さいざんす。こんな事程度は皆様方はすでに御存じて

むしろ・・今頃なにを、これ見よがしに発するのか?・・と。

知ってても自慢げにいう事でも無し。

すでに分かっていて出来そうでも、ほとんどが出来ないし

勤めている会社も(余計なこと言わず働け!)などと言われがち。

(売り上げをアップしたり利益を出した後から言え!)

・・てな、モノでしょうか?

しかし最初から最低賃金は保証されても

肝心な成果を上げた時の評価基準は曖昧のまま。

良くある事前交渉パターンとしては試用期間と、その後

本採用で継続するなら

(平均賃金は、いくらで設定希望ですか?。)

と尋ねても曖昧な答えや差し障りのない回答がほとんど。

場合によれば・・「御任せします。」・・など。

これには双方に色々な思惑が存在し曖昧さが半端ない。

双方の立場では色々な含み内容が有り得ますが

誤解や変な解釈をされやすい事になるので

ココでは書き表しません。(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうよ!・・なんだかんだ言っても自分の立場が優先!

自分を活かしてこそ・・相手を思い遣る事が出来るしぃ~。

なんか?・・文句あるん?

さいざんす。

市場の原理からすれば関わる相手も同じ事ですね。

しかし賃金アップの時は、それなりの理由を設けたいし

公開して欲しい所です。

逆に・・賃金維持か困難な時もその理由を明確にして

前もって、その内容を御互いに確認しておきたい処。

などが必要かと思われますが・・ほぼタブーの領域。

しかし・・いかなる場合も最低賃金は守るべし!。

・・と、たてまえでは掟が有ります。

雇用形態では・・当然です。

しかし市場の原理では、(なにを寝ぼけた事を・・)

(それは雇用関係の場だけで言え!)・・と、なります。

実際に各自が物を買ったり色々なサービスを受けた時に

期待値に満たない・・費用対効果に伴わない・・

そんな買い物や取引に関して、その販売担当者が

「私が会社から頂いている最低賃金だけは払って下さい!」

と主張しても・・

(だから何?・・それがどうした?・・おととい来やがれ!)

・・と、言われるかも?。

(※実際は御互いに、ここまでは無いですが、近い事は有ります。)

経験者は語る(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

要は賃金は労働に対する支払い基準や社会保障などね

早い話が勤め会社が倒産して支払い能力が無くても

国が社会保障以内で基準に照らして救済してくれる。

しかし届け済みの関係による勤め人以外は・・無理。

やはり独立、自営の人は別の話!

しかし・・最低賃金は無いけれど・・上も制限なしね

そうです。

そこで価値価格として売り買いするのが当たり前の

請負制や歩合給が不公平無しで善いのです。

人それぞれの都合や能力によって独自ペースが

実現しますが・・ハローワークでの求人募集に

このような表現は・・絶対にダメ!

しかし、独立自営の形態に飛び込んでも

不可抗力や同情する余地の有る困窮などには

社会的保障とは別な人道的な救済などを

色々な理由から受けられ得る事が有るかも?

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうそう・・ハローワークとは、そういう所だし

公的機関なので、それで当たり前!。

社会的な救済をいつも当てにしたり依存し過ぎると

かえってロクでも無い事を考えたり虚偽に走るのは

ニュースを見れば昔から今でも、この先も変わらない。

雇用形態で守られを好む代わりに色々な不満は続くか?

それが嫌なら独立、自営の立場に切り替え!。

・・ハイリスク・・ハイリターン!を選ぶ!。

これで、[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め2/3(時給単価と価値価格)] 物語は幕!です。

次のアップはハローワークでの関りとは反対の立場で特化する

働き方にフォーカスした取り組み方で

[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め3/3(時給別売りネタに特化で自由を得る)]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211128172223p:plain

変わった雇用形態での取り組み方を御勧め1/3(試用期間の曖昧さ)

久しぶりにハローワークの求人募集を見てみました。

有限会社だった頃の極、小規模の事業形態から

身軽な個人事業に変更してからも時々お世話になりました。

どんな立場として・・見るのか?

関わるのか?・・で大きく異なります。

今までに人手不足で、どうにもならず

人材募集をする為に正社員でフルタイムや

希望日や時間帯に融通が付きやすい

パートの条件などでも募集を掛けた事は

何度か有ります。

面接だけで片方や双方でソリが合わない事や

やっていけそうな希望を抱いて試用期間内で

御互いに再確認する為に実際に就労を通じて

試みてみます。

即日、片方か?双方など違和感を覚えて

当日、即その旨を曖昧な表現を持って

意思を伝え今後の関りを中止する事は

御互いの為で有る事を前提に話し合い

妥結する事が多いです。

事業者側の立場とすれば続行不能でも

当所の想定、暫定的にでも設定した賃金や

交通費など実費らしき費用は当然支払います。

応募して実際に試し就労で貴重な時間を費やされた

当人の方にも、なにがしらの迷惑料なる事も

含むケジメをつけるか?否か?はそれぞれです。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そりゃぁ~当然の事よね。

でも、この辺りは、事前の取り決めや

主義主張が御互いに曖昧で奇麗ごとで接するから

成るべくして成る結果の有りがちなパターン。

あまり善い人ぶって期待を持たし過ぎたり判断を遅らせて

3ヶ月ほどの試用期間いっぱいに引っ張り過ぎても

結果は同じで・・御互いに空気を読めていないのよねぇ〜!

相手の欠点探しの減点主義よりも長期間に潜む

善い所を根気よく掴み取るように心がけます・・が

御互いに致命的な欠点部分をないがしろにして

当たり障りのないダラダラ関係は何れ

嫌でも相容れられない状況や行動に示す事になります。

こんな事は・・最初の頃から解っていたが

相手を尊重する為に露骨な指摘はせず穏便に接して

3ヶ月も有れば、いずれは、こちらの意図も汲取って欲く・・

などと変な訳の分からない言い訳も秘めつつ

御互いに手遅れや関係中止の発表となります。

(経験者は語る)・・(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

もうねぇ・・恰好付け過ぎ!

双方が。・・雇用形態の後ろ盾を利用し過ぎ

さいざんす。

要は市場の原理からすれば関わり方は

多種多様であり、その内で雇用形態は

社会的な労働基準法に囲われた保護策と言えます。

もちろん事業者側にも、それゆえに安心、安全な

関わり方として恩恵を受ける事もたくさん有ります。

しかし雇用形態での関わる方が圧倒的に多いので

世間的には、それが主流で、それらの出来事が当たり前のように

常識化している感じもします。

それらの環境で何十年と関わった方々は

その習慣を容易には抜けられません。

それらによる弊害は様々な事で現れ見られますが

御当人達は、全く気付かず・・気付いても改めて

修正しようとは思わず、ご本人や関係者にも

メリットとなる是正提案をしても・・受け流したり

場合によっては憤慨して怒り出す事も。(^_^;)

それに懲りますと報酬アップなどで微々たる権限を

持つ立場の者としてもヘタに逆恨みを買う様な

割に合わない提案は、ついに、しなくなります。

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

俗にいう・・勝者⇔敗者の関係を崇拝、当然と思う人ね!

双方、関係者が善くなる・・win勝者⇔win勝者

有り得ないか?・・気付かないか?無関心か?ね

以上や今後に掲げる内容は私が極少数の方々と

接した時の僅かな事例だけです。

別な善い所を見逃した結果なども当然多く

現実に有り得る狙い所として絞った主観です。

社会全体で雇用形態に関わる方々の全てでは有りません。

当然そこまでは解りませんし

表現には失礼が有るかと思いますので悪しからず。

(^_^;)

[よろずの神様]

f:id:kubataasisuto:20211129145305p:plain

そうそう・・偉そうな事書いても、すぐボロが出るんだから!。

先に誤ったり断っておくのが無難。・・求人募集の時も同じ!。

これで、[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め1/3(試用期間の曖昧さ)] 物語は幕!です。

次のアップは[変わった雇用形態での取り組み方を御勧め2/3(時給単価と価値価格)]を、お楽しみに。

f:id:kubataasisuto:20211128172223p:plain

自作・自演☆丙(ヘイ!)☆で物語化スタート!

自作・自演☆丙(ヘイ!)☆で物語化スタート!

自分は・・いったい何者なのか?

どんな可能性を秘めているのか?

今までは自分の性格、性分、習慣、癖・・など

自身の事は当然解っているつもりでした。

今更、変える必要も無いし、「これが自分なのだ!」

「ほうっておいてくれ!」「満足してるし。」

・・などと頑なに思い込んでいました。・・が

なによりも他者は芸能人でもない私メの事は、

なぁ~んにも気にしないし

そもそも(ほうっておくか?どうか?)

のメモ、リストにも乗せてないし・・

との事で自分自身を[何者なのか?]

[どんな可能性を秘めているのか?]などを、

もう一度探る為に

自作・自演を☆丙(ヘイ!)☆の管理人名を持って

何事にも短編の物語化をしながら色々な

検証をスタート!させてみたいと思います。

宜しく御願い致します。

そもそも管理人名の云われ・・などおこがましい

理由は有りませんが善い影響を受けさせて頂いた方では

知る人ぞ、知る![[自演☆乙☆長島雄一郎]]様です。

どんな方か?参考になる情報動画は以下です。

私メはK1が全盛期の頃から1ファンでしたし。

人格に興味みも有り表現の仕方にもリスペクトしています。

そんな有名な方のキャッチフレーズから

断り承諾も無しに勝手に一部を拝借した次第です。

成り行き次第では・・無断使用で訴えられたり

熱心なファンの方を敵に回してしまい兼ねません。

(^_^;)

しかし、どうすれば私メの本質を自分で知る事、

確認する事が出来得るのか?長年の疑問に

やっと光が見えかけたのが・・

自作・自演で最短のストーリー展開をして

物事の本質を捉えてみたい想いからです。

ちなみに☆丙(ヘイ!)☆・・・は昔からの序列などに用いる

甲・乙・丙の3番目に位置する立場も考慮していますが

深い意味は有りません。

ダウンタウンさんからの[ヘイヘイ]も無関係です。

一時、民主党、女性政治家さんがスーパーコンビュターの

世界一的な立場に関する質問で「二番ではダメですか?!」が

テレピでは記憶に有りますが、それの無理やり関連付けで

序列として甲・乙・丙の[乙]を世界の二番目の位置づけなら

世界中で[丙]は世界第三位で上等過ぎます。

なんなら・・世界人口約70億人での位置づけならば

「35億番目ではどうですか?」と、問いたい所ですが

世界人口の中間付近も、さすがに屁理屈でしょうね?。(笑)

以上、冗談もかなり含みました。(^_^;)

まずは、新たな管理人名に関する件の物語は幕!です。

次のアップは[旧式ラジオとの巡り逢い1/3]を、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!3/10-1(独立、自営での関り)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合の内容を続けています。

しばらく示している全体像の略図は↑こんな感じで
その区分けを変えての一部が↓下図です。

関わり方の形態として最初に掲げて
お勧めしたいのが
独立、自営で一人親方
またはフリーランスとしての関わり方です。

具体的には、誰しも御承知の通り
自由性が特徴ですが良くも悪くも
色々な面で極端に現れます。

なんとか、対応できる事が大半で
ほぼ上手く行けている状態ならば
二度と雇用形態には戻りたくない
味わい深い善さが有ります。

やってみた人でないと解りません。

しかし微妙な立ち位置や方針で関わると
曖昧さを含めて独立、自営の善さを
打ち消してしまっている
人も多く居られます。

他人事でなく私も含めて
誰しも、そうなりがちなので
この辺りが分かれ道かも知れません。

雇用形態での社内しがらみや拘束、義務感
などが嫌で独立、自営したにも関わらず
会社、組織や他者への過度の依存主義で
他力本願を引きづる対応になりがちです。

色々な事への反応や対応のしかた
日頃の口癖、考え方、主義主張などで
あからさまに現れますし
利害関係での関係性を始めるか?
否か?継続すべきか?離脱すべきか?。

意思決定、是非判断で常にアンテナを
張っている様な相手にはモロに察知されます。

業務による現場環境では、そのような
アンテナは誰しも持っていますが
キャッチするスイッチをワザワザ
オンにせず働いている様が多いです。

なぜならオンにして色々な対応による他者の
利害関係における優劣などの反応を
受信する為には色々な配慮のパワーを
必要とされストレスなどで自身が削られやすいです。

時には、そんな場面でアンテナを張り
色々なアッピールをしてみたけども
その反応が無かったり努力や成果が
反映されなかったりもします。

相手となる受け手側の
立場や問題も有り、そんな必要性が
感じなくなった状況で働くのが長年続くと
スイッチの切り替え機能が動作しなくなります。

相手が利害関係をコントロールできる
立場の人か?そうで無いかも知れないなら
余計な気を使いたくない為に当然無関心となります。

報酬アップや昇格テストなど
勝負所である場面なら誰しもスイッチは
当然、入りますし・・
むしろ前倒しで備えたりもします。

自分が物を買ったり他者に何かを依頼して
その代償を支払うか?どうか?の場面しか
スイッチは入れないのです。

ちなみに利害関係で施工関係者との
関わりを始める、続ける・・などの
決定する場合は、その人の随時、売りに成る
ハード面が、如何ほどのモノか?です。

しかしハード面で経験豊富や熟練で有っても
主義主張、方針などメンタル面で方向性が
異なるなどソフト面での合致度合いで
今後の関係性が有利か?不利になるのか?
大きく異なります。

次ぎは各自の方向性や位置関係を
座標に置けば全体が見やすいので
それらを次のページでは掲げてみます。

とてもクドイ内容で面白味には欠ける
記事内容ですが私自身が自分を躾ける為にも
ワザワザ人目に晒しています。

次のアップを、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-7(必要な事後策)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

再び示す全体図↑こんな感じですが

内訳の最後が↓下図です。

必ず必要な場合と、そうでもない時など

様々ですが案件次第で必ず必要は、たぶん

定例化、常態化、通例とでも言えば良いでしょう。

工程の中に組み込まれたりしますが

時間や日数の差で違いが有ります。

例えば給水、給湯や排水の系統を

修理した後は完了テストの後に当日なら待ち時間や

後日など改めて事後の様子を確認するのが無難です。

特に排水の詰りや接続不良での水漏れなどは

1~2時間ほど待ってから再度、結果を試すと

不具合などが現れ手直しとなる事がしばしば有ります。

トイレの止水不良などでのチョロチョロと

便器内の洗浄水が止まり切らないなども

別な原因を見落としていたり

最初の修理を施した時に別の部分に

影響が出て新たな水漏れが発生するのも

有りがちです。

ワザワザ出向かなくても、どの付近を後で

注意して置いて下さいなどと説明や紙テープなどで

目印を、して置き電話で確認させて頂くなどはを潰さなく

御客様と施工者の双方がワザワザ時間ても

結果確認は可能です。

しかし念を入れるなら施工者が出向き

要所を確実に調べて問題が無ければ

完結するのが本筋かと思います。

下からは見えない下地や屋根の構造材

の重大問題やそれらの起因は下からは見えない

屋根の雨漏り原因ならば見立て不足となります。

全く別の例えではタイルの補修などで

目地セメントを使用した時は、お決まりで

かなりの時間待ちや翌日など

最終的な仕上処理をしないと完結しません。

当日にタイル表面をスポンジで丁寧に

何回も水洗いしてピカピカに仕上げたのが

下図ですが・・

このまま帰れば後で

完全乾燥すれば真っ白な粉が表面に現れ

とても汚くなり、まだ仕上げにならない段階が

有ります。

水分が蒸発しタイル表面が乾燥すれば粉吹き状態となります。

それから乾いた布で乾拭きすればピカピカとなり完成です。

そこで時間待ちするか?急ぐならドライヤーなどで

タイル表面の水分を強制的に乾燥させて

粉吹き状態を早めてから布で空葺きする事も有ります。

当日よりも翌日の自然乾燥と目地が硬化してからの方が

タイルに無理な力が掛からなくて安全では有ります。

事後処理と言っても定例化された事と不可抗力や

想定外の現象に後で対応するのとは意味合いが

異なります。

以上の例などは実際の施工内容が解れば

必要な事後策の有無は明らかになります。

それらを最初から知る事によって

全体の進行には不安や必然的なリスクは減ります。

それらは二割程度の概略領域をヒントとして

全体の僅か4%程度を最初に把握して

次の実行に繋げられ易いので

具体的な切っ掛けにする事が有効です。

次のアップを、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-6(関連事と手順)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

再び示す全体図↑こんな感じですが

次の一部が↓下図です。

必要な物として用具・工具や

各種、材料や商品は具体的ですが

目的達成の手段や内容が妥当なら

問題無いです。

しかし課題内容の選択や

別な観点から見た方向性が

異なるなら各種必要物の調達や

準備はムダになったり徒労に終わります。

例えば・・見た目に不快感が有る天井の

剥がれや劣化などを直す目的で仕上げ表面を

張替え修理、模様替えで見た目に奇麗でも

失敗の恐れを含む場合が有り得ます。

下からは見えない下地や屋根の構造材

の重大問題やそれらの起因は下からは見えない

屋根の雨漏り原因ならば見立て不足となります。

例えば腰壁のビニールクロスが

剝がれかかっている場合は

単なる接着剤の劣化で浮いたり剥がれるのか?

窓の締め忘れで雨が吹き込んだのか?

冬場の暖房時にガラスの内側に結露で

壁が湿り剥がれたのか?

いずれにしても原因は突き止めた方が

剥がれる状況が一過性か?

今後、もっと酷くなるのが続くのか?

根本原因は掴んだ方が良いです。

問題事の対処には目の前にある部分だけの

対処や解決だけで済む場合が大半です。

しかし稀に予想外の所に重大な問題が

潜んでいる事が有ります。

それらを推測するのに視野を広げたり

俯瞰したイメージも含めて問題の本質を探ります。

最初の取っ掛かりとしては全体の二割に相当する

監理対応すれば全体をコントロールし易くなります。

更に、そのうちの一部として先っぽに当たる

二割程度の概略領域をヒントとして

全体の僅か4%程度を最初に把握して

次の実行に繋げられ易いので

具体的な切っ掛けにする事が有効です。

次のアップを、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-4(必要な用具類)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

再び示す全体図↑こんな感じで次の一部が↓下図です。

ほとんどの案件は対処するには用具・工具など

共通する用具と特殊な専門用具など

多岐に渡りますが目的によって必要最低限に

絞り込んだり応用が効く種類や数量などで

準備しておくことが有ります。

手道具類から電動類など様々となります。

そのような用具が手持ちに無い為に

業者に依頼する事や有っても使ったことが無いなど

問題事の解決手段が簡単な事でも不安や

危険を感じたり買うにしてもムダ買いになるかも?

など自力対処への決断までには色々な障壁となります。

そこで全体の粗筋を知り自力対処の可能性が見えれば

必要具を買ってでも物事を解決したり

次の類似案件に再び活用できればムダ買いにはなりません。

場合によってはリースや知人に借りるなどでも

有効に対処が可能です。

問題は大きなリスクの実態を把握するのと

そのリスク回避策は最低限の代償を払ってでも

マスターしておくのが必然的なリスクを回避する得策です。

これは有る程度の基本ノウハウなどの原理原則の様な

情報や練習回数の体感を交えて肚落ちするほどの

売りネタになるような実体験を交えて肚落ちを

習得、会得すれば・・後は体が自然と覚えてしまいます。

勝手に反応してくれたり危機の事前察知など

自覚センサー?など不思議な力が働きます。


やはり自ら興味の有る課題として

(用具類の名称や使い道など)を選択し

習得意思を明らかにして、それなりの

練習時間や日数で反復回数などの実体験をします。

効率的な学習ヒント情報を書籍や有力情報を

独学か?有償支援などでのヒントや機会を得て

最小単位で順に挑めば短期会得に繋がります。

よく有るパターンでは電動工具の丸ノコなどを

慣れない最初は能率は悪くとも

慎重に用心しながら使いますが、長年に渡り

運が良ければ偶然に何事も置きませんが・・

何年か後の慣れた頃には重要な事を習っていなければ

体感反射や危機センサーが働く事も無く当然・・

必然的な大ケガ・致命傷または命に関わる事故に

自身はもちろん関係者を含めた災難遭遇となり得ます。

それらリスクを回避し安全性を高めて

モノ事創りや色々な関わりを楽しみとして味わうには

原理原作の基本ノウハウは色々な代償を払ってでも

守・破・離を習得が安全策と言えます。

最初の取っ掛かりとしては全体の二割に絞り

更に、そのうちの二割程度のヒントとして

全体の僅か4%程度を最初に把握して

次の実行に繋げられるかも知れないなど

具体的な切っ掛けにする事が考えられます。

次のアップを、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-3(必要な他者支援など)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

再び示す全体図↑こんな感じの一部が↓下図です。

今回は、上図の部分を続けます。

対処案件によって様々で多岐に渡りますが

重要な事は、やはり二割程度で色々な事に共通されやすく

ざっくりと大まかに掲げてみたいと思います。

例えば・・もしかして自力で対処できるかも知れない。

経験や自信は無いが興味は有る!。

どの程度の可能性が有るのか?・・まったく無いのか?。

問題事や望み事の概略やヒントが解れば判断しやすいけど・・。

ネット検索で調べると関係した部分的な情報は得られるけども

自分が関わろうとする事を中心にシフトしている訳でもなく

情報をバラバラに集積しても具体的な支援策にはなりにくい。

こんな場合はタダの情報では得られない

費用対効果を上回る価値を提供する信条を含む

具体的な支援を、お試し下さい。

唯一の特長はムダな労力や資材費、用具費、依頼費用など

出費など各種、大きな代償を払う前に

(自力で対処だったかも?)など色々な情報は役立つかもしれません。

関わる事の大小に限らず全体を把握し

順次、実施して行く事になれば

粗筋を立てておくのは有効かと思います。

最初の取っ掛かりとしては全体の二割程度を粗筋に

見立てますが本当に全体が、その位置・策で良いのか?

大きな区分や方向性などで見誤っているのではないか?

出来れば遣り始めからや、途中からの軌道修正などの

意思決定に大切なのが二割程度の全体管理の先端に

全体の僅か4%程度を最初や途中でも把握して

次の実行に有効に繋げられる策が必要です。

柔軟な判断が可能なアンテナの張り方や

臨機応変な意思決定が必要な場合が多く有ります。

それらを活用し目的達成が有効かと思われます。

次のアップを、お楽しみに。

実用・実益・貢献の流れを創る!2/10-2(応急処置など)

住いの建物自体や周辺廻りの修理・改善を自力で
全体や一部でも関わりたい場合に絞り内容を続けます。

今回は、上図の部分を展開して行きますが

対処案件によって様々で多岐に渡りますが

重要な事は二割程度で色々な事に共通されやすく

ざっくりと大まかに掲げてみたいと思います。

例えば・・どこかから水漏れしている場合は

応急処置としての例は水道メーターの元栓を閉めてみる。

それから各所の配管系統にある単独バルブを開閉しながら

特定の場所だけを発見し事後策を検討する。

などです。これを放置し時間が経つと悪影響が拡大します。

もし色々調べて、お湯系統だけらしい事が判明したら・・

とりあえず給湯器の給水元バルブだけを閉めれば

トイレなどの水道関係は使用可能で少し助かります。

それから自力対処か?

専門業者に依頼するか?落ち着いて考えられます。

又は・・玄関先の土間タイルが剥がれかけているなら

応急処置としての例は剥がれたタイルを踏まれて

割れてしまわないように後の補修の為に

手作業で簡単に剥がれるなら取り去り

保存しておく。・・などです。

浮いたり剥がれを放置したままで割れて破損すると

一~二枚の剥がれでも広範囲を張替えしないと

色柄や規格サイズが合わず無駄な工費に拡大します。

ほとんどに共通する重要な二割ほどを捉えられれば

後は、不思議に、なんとかなるモノです。

この重要な二割相当の領域を

さらに二割に絞り実質、全体の僅か4%程度を最初に

なんらかのヒントを得て実行に繋げられるかも知れない

切っ掛けにする事が考えられます。

この辺りを独学や支援提供を利用して後は必要に応じて

必要な用具・材料などの準備や基本取り扱いノウハウなど

習得、練習など様々な代償を払う覚悟で習得(種まき)や

維持管理をしながら成育させ、やがて成果が実り

収穫を味わったり御裾分けで貢献となる農場の法則とも言えます。

やはりリスク回避策を講じ

クリヤーした時や予想外に上手く行った時の

ギャップに生じる価値観の差は

如何ほどのモノか?

このギャップ価値を失うのか?得るのか?

これで興味深いゲーム感覚となります。


次のアップを、お楽しみに。